怪物より怖いおばさん 2度見る勇気はない…(ミスト)

印刷

   <ミスト>突如、町を覆った霧。その中にいる何かから逃れるため、主人公の父子など町の人々はショッピングセンターに立てこもった。彼らの前には、昆虫や動物を模した気持ちの悪い怪物が突如出現するが、深い霧によって外の様子は分からない。理解不能の状況が人々を混乱させていく…。この映画は怪物と戦うパニックホラーでもあるが、それ以上に人間の心理を描いたサスペンスだ。

(C)2007 The Weinstein Company.All rights reserved.
(C)2007 The Weinstein Company.All rights reserved.

   事実、劇中では怪物の正体は全くといっていいほど明かされない。聖書をもじっていたり、軍隊が絡んでいたりと少しの情報はあるが、とにかく恐ろしい怪物として登場し、その得体の知れない敵が恐怖心を増幅させる。

   しかし、怪物より怖いのが、追い詰められた人間の本性だ。この点で『ミスト』はSF映画やホラー映画の枠を超えている。CGの怪物より、生身の人間が演じる「人間という怪物」のほうがよっぽど怖い。特に民衆を扇動する宗教おばさんには鬼気迫るものがある。極限の状況下でも、人間同士でいがみ合い、衝突し、殺し合うのが人間の本性なのかと思わせる。そのおばさん以外にも言えるのだが、最初は何の変哲もない一般人として登場していた人が狂気に駆られていく姿にはぞっとする。

   怪物と周りの人間の両方から追い詰められていく主人公たちの恐怖はどんどん増していき、その心理は観客にもダイレクトに伝わってくる。その集大成がラストシーンだ。絶望の淵に立たされた人間がとった行動は……。守るべきものを守る為にはどうするのが正しかったのか。もう1度観返す勇気は起きないが、1度は観ないといけない。そんなショッキングな映画だ。

ジャナ専 ぷー(JJC漫画研究会部長)

   オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中