2018年 7月 17日 (火)

男はみんなオオカミだ 元校長・相談員が教えたコト

印刷

   注目ニュースの一つとして取り上げたのが、東京・武蔵村山市の教育相談員を務める男(62)のワイセツ行為。

前にあった事件でね……

   2年前まで公立中学の校長をしていた男が、昨2007年から相談に訪れていた女子高校生(16)をファストフード店に連れて行き、そのスカートに手をさし入れ、下半身に触っているところを店の客に見つかり、警察に突き出されたのだ。

   男は、警察の調べに、「魔がさした」と言っているそうだ。

   杉尾秀哉TBS解説委員が、「こういうの魔がさす、というんですか」と言った。続いて、末吉竹二郎(国際金融アナリスト)が、「一生、精神的なショックを受けて、残って……」と話している最中に、みのもんたが、「竹内君、女性だからこの女子高生の気持ちわかるでしょう」とかぶせる。

   竹内香苗アナが、「自分の過去を振り返ってみると、高校生っていちばん傷つく……」と語っているときも、みのは、「前にあった事件でね、3、4か月の停職……」と、割って入る。

   それはないだろう、と思うくらい人の発言を妨げるのだ。年をとってきて、気が短くなっているのか、あるいは、思いついたことを忘れないうちに言ってしまおう、という気持ちなのか。いずれにしても、相手に失礼だし、見苦しい。プロデューサーあたりが注意すべきだろが、みのに対してはそれも出来なくなっているのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中