69歳女が「40前半」と男を手玉に 年齢をごまかす法

印刷

   このところ、とりとめがない小倉智昭のオープニングだが、今日はゲスト2人の顔を立てた展開で、ちょっと面白かった。

見てみたいね

   まずデーブ・スペクターがもってきた楽天の岩隈久志投手のフィギュア。中国製なのだが、ユニフォームの背中の文字が、「IWAKAMA」になっていた。「いちばん怒ってるのは岩隈だろうね。あんなに活躍してるのに、かわいそうに」と小倉。

   次に「高木美保さんのために、歳の離れた結婚のお話」といいだした。高木が一瞬怪訝な顔をする。

   で、出たのは、19歳の少年と79歳の老婦人の恋の物語を扱った舞台「ハロルドとモード」。老婦人を浅丘ルリ子、少年を西島隆弘が演ずる。60歳の歳の差をものともせずに、少年が結婚を申し込む。「さあ、どうなるかは、舞台を観てください」

   もうひとつは事件。栃木で69歳の既婚の女性が、結婚詐欺の容疑で逮捕された。結婚相談所を通じて知り合った49歳の男性と結納を交わし、同居していたのだが、なんと40代前半を装っていたという。男性から借金をしていたなどから御用となったのだが、さて、女はどこまでサバが読めるか。

   小倉は「69歳が40代前半といったって、普通はだまされないでしょ」

   「そう見えるテクニックを教えてほしいくらい」と、佐々木恭子。

   小倉は「同居してるんだから裸のつき合いだってあるわけでしょ。隠せないものだと思うんだけど、美保さん、こんなのが現れたらだまされます?」と、とんでもない質問。

   しかしさすが高木。一瞬あって、「男性は無理だと思いますよ、そのサバ読みは。でも女性は、20歳くらいはいけると思いますよ」(このときのデーブの表情が微妙)

   「いける!」と小倉が叫ぶ。「うん」「美保さん、自信ある?」

   「詐欺はしないですけど、それくらいだましてみたいかなってのはありますね」と、見事一本。勝負あった。美女の自信の前には、男なんて……。

   小倉はなおも、「見てみたいね、○○容疑者」「どうやったらできるのかが不思議」とぶつぶつ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中