16年五輪「東京有利」 歓迎する人しない人

印刷

   2016年の夏季オリンピック開催地を決める第1次書類審査で、東京都が他の3都市とともに合格した。しかも全候補地中トップの評価だったとか。

ちょっとグッと迫ってきた

   「東京オリンピック、ちょっとグッと迫ってきた、ですか?」。司会の赤江珠緒が、解説役の小木逸平アナに向かって言う。曖昧な感想に問いかけが混入してきたような、締まらない振りだ。話しかけられた小木のほうは「そうなんですよ」と間髪を入れずに応じ、こちらは小利口そうに各都市のメリット・デメリットを軸に話を展開していく。

   それを聞いた赤江が言うには「この4都市だと(東京が)優位な感じ……へー!?」。「言葉は金なり」のアナウンサーにしては言葉にだらしないのがちょっとグッと気になってしまった。

   コメンテイター陣では、スパモニ・ホームドクターにしてジャガー横田の夫こと木下博勝の「生きてる間にオリンピックが見たいですねえ」を筆頭に無難なコメントが多かったが、『ヤミ金と戦う』石丸幸人弁護士が「そもそも東京でやるのがいいのかって話がある」と敢然とアンチ東京五輪を表明した。

   「ほかに(金を)使うべきところはあるし、有終の美じゃないけど、石原さんの個人的な思入れがすごく強そうな感じがする」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中