タカアンドトシと「今のテレビらしさ」

印刷

   フジテレビの「ペケポン」。スペシャル版だった。

   イケメンチームなど数組に分かれ、クイズをしながら失敗すると床から落とされる、というのをやっていた。問題も含めバカバカしいけど、アホらしさの中にも笑いがあった。失敗ぶりというか、「できない」姿を見て笑うんだけど、結構見ることができた。

   くりぃむしちゅーやタカアンドトシたちがやってる番組だが、今回はスペシャル版ということで大勢が出ていたせいか、特に彼らの印象は残らなかった。番組全体としても特にどの場面が印象に残る、という訳ではなかったけど、何となく笑える仕上がりにはなっていた。今のテレビらしいなと思った。

      アホらしさ 耐えて見れば 頭空っぽ

   *<編集部注>*
J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が本になりました。「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)です。連載に寄せられたコメントも一部引用しています。2008年6月13日から好評発売中です。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中