東国原知事「一定の体罰」容認 みの大賛成

印刷

   <テレビウォッチ>みのもんたが、「げんこつならOK」、続いて竹内香苗アナが、「愛のムチの提案です」と読み始めた。宮崎県の東国原知事が教師の位置づけに関連して、「一定の体罰は認められるべきだ」と、宮崎県で「愛のムチ条例」もしくは「げんこつ条例」がつくれないかと語ったニュースである。

ムチもって…

   ここで、みのが、運動会の話に振る――生徒が家族といっしょにお昼ごはんを食べるのは、不公平になっちゃいけないから、親は親、子どもは子どもで、分かれて食べるとか、1等、2等、3等は決めない、とかいうのはおかしい。本当の平等じゃない――彼のなかでは体罰とつながっているのだろう。

   元バレーボール選手の大林素子は、「順番を決めないのは、スポーツから言うとマイナス」と述べ、ジャーナリストの嶌信彦は、「平等主義の行き過ぎ。スタートを公平にしてやればいい」とコメント。

   みのは、「ボクらが子どものころは、耳を殴るときは、平手でやると鼓膜が破れるからいかん。げんこつでコツンとやれ、と先生が言っていた。げんこつは当たりまえでしょう」と、再び「体罰」に戻す。

   大林「(げんこつには)賛成」

   嶌「愛って何なのか、相当、議論になる」

   みの「殴るときは、ブーツはいて、ムチもって、とかいろいろ出てくるかもしれません」

   さすがにふざけ過ぎと思ったのか、みのは「これで最後です」と言って、自分でコーナーを閉じた。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中