2024年 2月 29日 (木)

溶ける「ヒマラヤ」 災害防止に挑む日本チーム

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東南アジア13億人の飲料水を供給しているヒマラヤ氷河。温暖化でその氷河が急速に溶け始め、できた氷河湖が決壊の危機にあるという。

氷河の80%が消失する

   ヒマラヤ氷河の現状と、決壊寸前というエベレスト南麓のイムジャ氷河湖に観測・警報システムを構築した日本人研究チームの動きを取材した。

   「ゴー、ゴーと音を立てながらとけているんですよ、今までこういうことはなかった」。75歳で2度目のエベレストの登頂を無事果たした三浦雄一郎がヒマラヤでの体験をこう話した。

   インダス、ガンジス、長江など9つの大河の源流であるヒマラヤ氷河が、世界の氷河の中でも最も早い速度で融解が進んでいるという。その速度は、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)によると、「現在のペースで気温上昇が進めば2035年にはヒマラヤ氷河の80%が消失する」とか。

文   モンブラン
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中