孫殺す「後期高齢者」 「妻に邪魔だと言われ…」

印刷

   <テレビウォッチ>千葉・柏市の民家で77才の容疑者が、妻(75)、長男(49)、長男の妻(44)、孫(4)を大型ハンマーで撲殺する事件を起こした。

同じ凶器で…

   近所の人たちからは、「夫婦仲はよかった」と見られていた容疑者夫婦だが、心臓病を患った後、不眠症で、家にこもりがちになった容疑者は、「以前から邪魔だ」と妻に言われ、「3回ぐらいは殺そうと思っていた」らしい。

   6月24日朝、殺害を決意し、凶行に及んだようだ。まず、台所で朝食の仕度にかかっていた妻を撲殺、つぎに、離れに住んでいた長男夫婦を相次いで母屋に呼び出して殺し、最後に離れに行って、寝ていた孫まで手にかけた。

   中学校の教師をしている長男は、体調を崩し、先月末から休職中だった、という。

   みのもんたは、「うっ積したものが感じられる。徐々に自分を追い詰めていったのか……それにしても、4才の女の子を……同じ凶器で……」と、衝撃を隠さず、与良正男(毎日新聞論説委員)も、「理解を超えますね……かわいそう」と、ことば少な。

   祖父は、「全員殺せば楽になると思った」と供述していると伝えられるが、何が楽になるものか。これから味わうのは苦しみだけだろう。同じ病に悩んでいる人は数えきれないはずだ。身勝手な「後期高齢者」というしかない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中