2018年 7月 19日 (木)

真矢みき44歳 結婚あきらめなかった理由

印刷

   <テレビウォッチ>いま話題の真矢みき(44)がなんと、コメンテーターで座っている。今夜から始まるドラマ「シバトラ」のPRなのだが、そちらの方は「できたてほやほやを観たんですけど、すごく面白かった」とそれはそれ。

いまいちばん気持ちが…

   それよりは、あの話。「きょうはリングを首にかけてないんですか?」と小倉智昭。

   「いまは仕事モードなので、全くナッシングで」

   「おめでとう、って大変でしょ」

   「毎日がお正月みたいです」

   「結婚をあきらめた時期はなかったんですか?」

    「ないです。いま女性の適齢期は遅れているし、高齢出産は増えているし」

   しばらくあと、もうひとつの結婚話、MEGUMI(26)と降谷建志(29)の件で、MEGUMIのプロダクションの野田義治社長が登場した。「2年間は結婚ありません」といってたのが、妊娠、七夕結婚では、しゃべらざるをえない。

   「表札だけはなんとかしろ、といってたのにいうこと聞かなくて」「(MAGUMIは)男っぽいのが受けてたのが、意外と女の子だったな」「1年もひとつ屋根の下に暮らしてるんだから、計算外か?」などなど。

   そこで小倉が「真矢さん、いまいちばん気持ちがよくわかる人じゃないかと思うんですが」と話を振ったが、「わたしはいま、いないものだと思ってどうぞ」(笑い)

   武藤まき子が、真矢のお相手の西島千博(36)の両親が「息子にどういう料理をつくるのか」といっていたと。真矢は「宮崎の人だから、鳥の煮込みとか……こんなことでよろしいでしょうか。仕事に戻らせていただきます」(笑い)

   うん、コメンテーターとしていけそうだが、「仕事モード」はときどきはずした方がいいかも。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中