2018年 7月 23日 (月)

「上司に注意されました休暇」を申請します!

印刷

   <コメントの窓(上)>今回取り上げるのは、「私見クローズアップ現代」の「『失恋休暇』で若者生かせ 成果主義の『破たん』」(2008年7月17日)に寄せられた「コメント1:さらりーまん」だ。

   記事は、成果主義にストレスを感じる若者たちの離職率が高まったため、企業がさまざまな工夫で社員を定着させようと努力している様子を伝えた番組内容を紹介した。「バーゲン休暇」や「失恋休暇」を導入した例を引いたことに対し、「コメント1:さらりーまん」は否定的な見解だ。「じゃぁ『クライアントに怒られました休暇』とか『上司に注意されました休暇』とかもありですか?」として「ってか『サラダ記念日』かよ」とツッコミを入れた。

   「サラダ記念日」は1987年にベストセラーとなった俵万智の短歌集だ。「君」からサラダの味をほめられたとして、7月6日を「サラダ記念日」だ、とした収録短歌から書名がつけられた。コメントのツッコミのニュアンスとしては、(ビジネスという観点からは)些細なこと(恋愛)を大げさに捉えて、記念日(休暇)を設定するという点に両者の共通点を感じた、といったところだろうか。案外「上司に注意されました休暇」が「ベストセラー」並みの数の企業に採用される時代が来ないとも限らないかもしれない。

   なお、2008年6月28日のTVトピックス「気に入った 横澤川柳 教えてね」で、テレビウォッチ連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」掲載川柳の人気投票の募集を始めました。7月16日で締め切りましたが、応募対象が拡散し、ランキングを作ることができるほどの差が出ませんでした。「済みません 企画倒れだ 結果出ず」。ご協力頂いたみなさまには大変申し訳ございませんでした。

テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中