2018年 7月 22日 (日)

「国民の目線に立った」内閣改造とは

印刷

   <テレビウォッチ>このところ永田町界隈をヤキモキさせているのが、福田首相が内閣改造をするのかしないのか、するとすれば時期がいつなのか。解散総選挙の時期とも絡むので、周辺も注目せざるを得ない。

リスクもとれないとなると…"

   当の本人は「改造って、私は一度も言ったことはないんですね、私の口からは」「総合判断をいつしろと言われても困る」と相変わらず、のらりくらりで、胸の内を明かそうとしない。

   みのもんたは、「国民の目線に立った内閣をつくってもらいたいな」と言ってコメント陣に振る。

   杉尾秀哉(TBS解説委員)は、「やってもリスクがあるし、やらなくてもリスクがある。どっちのリスクをとるかは決断次第。ただ、リスクもとれないとなると、総理大臣としての指導力に疑問符がつく。国民の目線に立って大幅にやるならやると決めてもらわないと」と改造を促すような口ぶり。

   末吉竹二郎(国際金融アナリスト)は、「いま国民が何を望んでいるのか。それにいまの布陣で行けるのか行けないのか、それをハッキリすればいいんじゃないですか」と冷静だ。

   それにしても、野党第一党の党首が「内閣改造にほとんど関心がない」と語るのは、無関心を装っているのかもしれないが、首を傾げたくなる。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中