水中散歩でイルカに「こんにちは」 その値段は…

印刷

   <テレビウォッチ> 夏休みのお勧めーーというので、佐々木亮太が水族館でイルカと水中接近。カギは、「シーウォーカー」という特殊ヘルメットだ。

オー、オー

   ウエットスーツを着て、顔はむき出しのままヘルメットをすっぽりとかぶる。ヘルメットにはホースで空気が送り込まれ、これで水中3メートルまで降りても、気圧の関係だろう、水はあごのあたりまでしか入ってこない。

   巨大なイルカが目の前を通りすぎる。「ウォー」とさわぎまくる佐々木。手を伸ばせば触れる距離だ。確かにちょっとやってみたくなる。

   佐々木は、ヘルメットのレプリカをスタジオに持ち込んで、鳥越俊太郎の前に置いた。

   「え? かぶれということ?」と鳥越。

   「鳥越さんの立派な髪型でも、メガネをかけていても大丈夫。水は入りません」。本物は40キロくらいもあるのだそうだが、水の浮力でちょうどよくなるらしい。

   萩谷麻衣子が、「イルカに触れるんですか?」

   「イルカに手を伸ばすと、咬まれるおそれがあるので、手はだせない」と佐々木。

   鳥越は、ヘルメットを隣の赤江珠緒にかぶせた。赤江は「オー、オー」というばかり。

   この水中散歩、8月31日まで日に3回行われていて、小学生以下は5000円、中学生以上だと5800円とのこと。

   だが、とうとう最後まで、どこでやっているかはいわず終い。字幕も出そうとしたようだが、ほかの字幕とかぶって読めなかった。しょうがない。ネットで探すか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中