2018年 7月 20日 (金)

テリー伊藤と小倉智昭 「メダル予想」鋭いのはどっちだ

印刷

   <今週のワイドショー通信簿(上)>北京五輪の開会式が2008年8月8日にあった。日本勢がメダルをいくつ取るか、などの話題ですでにワイドショーはにぎわっている。

   「五輪入場 『ABC順』変更した中国の論理」(朝ズバ、8月8日)、「五輪メダル予想の『神となる』 テリーが宣言」(スッキリ、8月8日)、「デイリースポーツVS小倉智昭 五輪メダル数でバトル」(とくダネ、8月7日)などの「通信簿」が五輪ネタを紹介した。

   とくダネ通信簿は、デイリースポーツ紙が、番組司会の小倉智昭に北京五輪のメダル数予想について「挑戦状を叩きつけた」ことを紹介した。小倉はアテネ五輪のとき、金メダルの数を的中させ、銀・銅の数も1個違いと読みの鋭いところを見せていた。デイリースポーツは当時、小倉予想を大胆だ、多すぎる、と冷やかしており、両者には「因縁」があるのだそうだ。今回小倉は、金メダルは12~16個で「多分12」、銀・銅は23個で「展開によっては26まである」と予想した。

   一方、スッキリ通信簿ではテリー伊藤の予想を紹介。テリーは具体例を挙げながら「金16」「銀7、銅22」との読みを披露した。テリーは「わたしが予想屋から神になるときがまもなくやってきます」と自信をみせた。

テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中