マラソン野口みずき 出場強行すべき?

印刷

   <テレビウォッチ>競技が本格的に始まった北京五輪、メダルが期待された重量挙げ女子48キロ級の三宅宏美が6位で終わり、頼みの柔道も男子60キロ級の平岡拓晃が初戦敗退、サッカー男子も1次リーグで敗退……

   そんな「残念ムード」のなかで、柔道男子66キロ級で内柴正人が最後に縦四方固めで日本選手初の金メダル、残念ムードを一気に吹き飛ばした。

   ところが、そこへまた女子マラソン2連覇が期待される野口みずきのアクシデントのニュースが……

   左太ももの筋肉損傷(肉離れ)で、一時入院していたことが明かになったのだ。

   昨日(8月10日)、日本陸連の沢木啓祐専務理事と野口が所属する「シスメックス」の藤田信之監督が記者会見した。

   藤田監督は「快方に向かっており、今は30分ほどのジョギングをやっている。本人は『最後まであきらめず、出たい』と語っている」という。

   しかし、直前の筋肉損傷で過酷なマラソンができるのか?

   沢木専務理事は「タイムリミットは後2~3日の間に判断しなければならない。最後の判断は、本人と藤田監督、コーチ3者の感覚的なもの。私どもは、それで態度を決めたいと思う」。

   もし野口が欠場となった場合、女子マラソンの代表は土佐礼子と中村友梨香の2人だけになる。

   番組では、突然の野口のアクシデントにコメントなし。ナレーションで「(野口の)2連覇の道が険しくなりました」と……

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中