「裏切られた」マラソン野口みずき

印刷

   <テレビウォッチ> 史上初の女子マラソン連覇を目指していた野口みずき(30)が、左もものケガが治らず五輪出場を断念した。

   連覇を期待していた野口選手の地元・三重県伊勢市では、出場断念のニュースを聞いて「えっ ショック」「ほんとですか? 残念ですネ~」という声とともに、「本人が1番残念でしょうね~」と野口を気遣う言葉も……

   その野口の報道機関に宛てたコメントには「この4年間やってきたことは、すべて北京で走るためだっただけに、今も走りたい。しかし、現状を認識すれば出場を断念せざるを得ません……」と。

   元ロス五輪競泳選手でコメンテーターの長崎宏子は「やはり1番つらいのは本人だと思います。ケガをする時期がもう少しずれていたら。オーバートレーニングかどうか分かりません。足にかなり負担のかかる走法だとは聞いていましたが……」。

   野口の走法は、からだ全体のばねを使い、歩幅を広く取るストライド走法で、負担が大きいといわれている。大会直前トレーニングのピークを迎えた時点でムリが出たのかもしれない。

   医学的なリスクをチェックしながら厳しいトレーニングで記録を上げていくのはコーチの役割だろうが、期待が大きかっただけにそれも難しい。

   スポーツニッポン編集局長の宮内正英は「JOCの幹部から『コーチの責任だ』という厳しい声が伝わってきていますが、まぁ、勝とうと思って皆で考え、やってきたことなので……」。

   野口の座右の銘は『走った距離は裏切らない』だが、今回は??

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中