2018年 7月 20日 (金)

谷本「金」 某キャスターが「うれしい」理由

印刷

   <テレビウォッチ> 今日も、北京五輪の日本人選手とそれを見守る小倉智昭キャスターの活躍が長々と1時間以上伝えられた。

金メダルって数えてたの

   柔道で金メダルを獲った谷本歩実選手を北京の特設スタジオに迎えると、今日もスポーツ目利き小倉のトレードマークである"予言"が飛び出した。「ボクはね、金メダルの予想したときに、アユミちゃんは絶対金メダルって、数えてたの。だからうれしくて、うれしくて」

   うれしいのは、金メダルか、予想の的中か。それにしても、小倉がどう思っていたかなど他人には知るよしもないのだから、そう言われても困ってしまうわけだ。たいていは、こんな台詞は相手への世辞やジョークでしかない。ところが、それが小倉の口からでるときは、いたって大真面目。信頼のおけるテレビキャスターの後出し予言だから、疑う方が悪いとでも言いたげな小倉である。

   その様子はあまりに戯画的なので、訝しく、確信犯の可能性も否定できないであろう。そろそろ閉会までの日数を指折り数えはじめた移り気な視聴者を楽しませなければいけない――そんな信念、強迫観念がベースにあるのかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中