2018年 7月 19日 (木)

フェンシング「銀」太田 「ニートなんで」就職先大募集

印刷

   <テレビウォッチ>フェンシング(フルーレ)で銀メダルに輝いた太田雄貴(22)は「ひょうきんで目立ちたがり屋の青年」(ナレーション)である。きょう(8月14日)北京のスタジオに招かれた太田とテリー伊藤らとのやりとりは、漫才のようだった。

モテますよ

   実はオリンピック前、テリーが下した日本人選手のメダル獲得予想で、彼は無視されていたのだ。

   太田が「テリーさんが完全にスルーしたんでナニクソと思って頑張りました」と言うのに対し、テリーは「すいませんでした」と詫びつつ、「でも、冷静な試合運び出来たんじゃないですか」と転んでもタダでは起きない。

   「お父さんが試合を見に行くと負けるんですって」と、データ入力済みらしい加藤浩次が話しかける。彼の父親は元フェンシング選手なのだ。

   太田「みながそう言うんで意識してしまう。コーチが『雄貴、お父さん、北京に来ないほうがいいんじゃないか』と言うんで……」。結局、父親は滋賀・大津市の自宅で息子の活躍を見守った。

   テリー「いま仕事してないんですよね」

   太田「フリーというかニートなんで……何とか……」

   テリー「就職口、向こうから来るんじゃないか」

   太田「どしどしお願いします。これ、切実なお願いなんで」

   日本ではマイナーなスポーツだったフェンシングは強化費もそんなには出なかったらしく、「アテネに出場したときは親に多大な負担をかけた」(太田)そうだ。

   テリーが、2年後にパリで行われる世界選手権で、北京の決勝で敗れたドイツの選手に借りを返してほしいと語り、「フェンシングはヨーロッパで人気があるからモテますよ」と励ますと、「いいですね」と答えるイケメン青年であった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中