押井守「スカイ・クロラ」 気に入るのはこんな人

印刷
(C)2008 森 博嗣/『スカイ・クロラ』 製作委員会
(C)2008 森 博嗣/『スカイ・クロラ』 製作委員会

   <スカイ・クロラ>いまや宮﨑駿と並び、日本が世界に誇るアニメ界の巨匠と言われる押井守監督。彼は新作「スカイ・クロラ」で現在の若者達に対するメッセージを描いたと語っている。

   舞台は現在と似た世界。そこでは人々が平和を実感し、世界の均衡を保つため、ショーとしての戦争が行われている。そして、キルドレと呼ばれる、少年の姿のまま年を取らない人間たちが戦闘機に乗り、その戦争の最前線で戦っている。そんな中、過去の記憶がないキルドレのユーイチは、新たに欧州の前線基地に配属になり、そこでキルドレの女性司令官スイトと出会う。

   この作品はユーイチとスイトの恋愛ドラマを軸に物語が進んでいく。2Dで描かれた人間たちのドラマ部分と、3DCGで描かれる戦闘機の空中戦シーンは、コントラストが効いていて、まるで戦争はどこか遠い場所で起きている他人事のように感じてしまう。

   感情が希薄なキルドレたちの淡々としたやり取りと合わせて、全体的に幻想的な雰囲気になっている。その中で彼らは自分達の運命と向き合い、押井監督の若者へのメッセージが、彼らの行動や言葉として描かれていく。

   ただ、あまりにメッセージ性が強くなりすぎて、全体的に抽象的になっている。キルドレや戦争などの複雑な設定の説明は少なく、キルドレたちがそのことについて思い悩み、葛藤するさまはこの映画の見所のひとつだが、すべてが謎のまま終わってしまうと後味の悪さを感じる人も多いだろう。見ている途中で飽きてしまう人もいるかもしれない。

   2度、3度見返すごとに新たな発見があるような押井守ならではの細やかな演出など、好きな人が見れば魅入る作品であるのは確かだが、万人受けするようには思えない。現在の若者というより、感受性の豊かな人が見に行くことを勧める。

ジャナ専 ぷー(JJC漫画研究会部長)

   オススメ度:☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中