「大麻」で逮捕の力士 相撲に出ていた「ちんぴら度」

印刷

   <テレビウォッチ>前代未聞、現役の幕内力士が逮捕された。それも大麻取締法違反ときた。若ノ鵬寿則(20)。ロシア出身の間垣部屋。2005年春場所初土俵、7月の名古屋場所では西前頭筆頭だった。不祥事が続く日本相撲協会だが、薬物は初めて。北の湖理事長も平謝りだ。

赤江:普段から素行が…

   若ノ鵬は6月24日、錦糸町駅前で財布を落とし、通行人が拾って交番に届けた。中にタバコが1本入っており、「薬の臭い」がしたので鑑定した結果、大麻の混合物0.37グラムが検出された。調べにたいして「六本木で外国人からもらった」といっているという。

   やくみつるが言う。「次に何かやらかすとすれば、若ノ鵬だと思っていた。素行が悪い上に、このちんぴら何者だという相撲を取っていた」

   二宮清純は、「はじめ、ドーピングかと思ったが、まさか大麻とはね」

   「外のマンションで暮らしていたんですね」(小木逸平)

   二宮は「親方(2代目若乃花)が闘病中で、目が届かなかったというのはあるだろうが、それ以前に、朝青龍に始まって、相撲協会全体のたががゆるんでいる」

   やくも、「たががゆるんでいる。暴行事件などでも、再発防止のかけ声がファッション化し、矮小化されて、力士のありようにまで話がいかない」。さらに、「部屋によっては、外国人力士の外部との接触を禁じているところもある。人権上どうかなとも思うが、こうなると必要なのかもしれない」

   大沢孝征は、「相撲には様式美みたいなものがあるが、勝負全盛のなかで維持できるのか。外国人の体格、体力に惑わされている」

   森永卓郎は、「日本人だけでやるという選択肢はないのか」と、また無責任なことをいう。

   やくみつるも困って、「数を制限しているから、落ち着くと思う。また、日本人になりきろうと努力している琴欧洲みたいなのもいる。これは評価していい」

   室井佑月はいつもながらストレートだ。「国技であることに無理がある。ありがたいものとして見ることができない」

   二宮が受けて、「協会は公益法人の見直しの対象になっている。これがひとつ。もうひとつは、外部の理事を入れる案をはねつけて、依然として密室でやっている。すると、室井さんの様な世間の声にさらされることになる」と。

   「普段から素行が悪かったというのに」と赤江珠緒がためいき。「強いだけじゃダメなんだ」と、わからせるのは容易じゃない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中