レスリング「金」吉田沙保里 見せるか「恋の高速タックル」

印刷

   <テレビウォッチ>オリンピックも終盤で、帰国した選手も多い。今朝(8月22日)はレスリング55キロ級で連覇を達成した女王、吉田沙保里(25)がスタジオに招かれた。

相当、気に入ってますね

   北京大会での戦いぶりはそこそこに、話はプライベートに及ぶ。彼女のお母さんによると、高校時代同じクラスで3年間、ずっと一緒だった相手に6回、告白して6回ふられたとかで、「めげない人なんです」という。結局、「友だち以上に思えない」と断られたそうだ。

   加藤浩次が「いま、彼氏は?」と尋ねると、「いません。憧れの人はいますけど」と吉田。

   再び登場したお母さんが、「中日の井端選手が好きみたいです」と話す。ナレーションが、2人はTVの仕事で知り合い、吉田の連勝が119で途絶えたとき、真っ先に励ましのメールを送ったのが井端、と教えてくれる。で、番組スタッフが井端のもとに赴き、彼女の気持ちを伝えると、井端は「尊敬してます。素晴らしい方だと思います」と答え、先行きについては「何が起こるかわからない」と言う。早速、加藤とテリー伊藤が突っ込む。

   テリー「井端さんはシャイな感じで寡黙。あれだけ言うのは相当、気に入ってますね」

   加藤「『尊敬』って恋になりやすい」

   テリー「恋の"高速タックル"を使うべきですよ」

   「デートしたい」と口にした吉田は「金メダルを取ったら焼肉に連れて行ってくれるそうなので、約束を果たしてもらいます」と語った。井端弘和(33)、独身。ひょっとすると、ひょっとするかもしれない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中