2018年 7月 22日 (日)

消防も警察も助けてくれない!無念の水害死亡事故

印刷

   「最後は『お母さん、さよなら』でした。あの絶叫は一生忘れられない」

杉尾秀哉: 消防・警察の大失態ですよ

   2008年8月16日夕、栃木県鹿沼市を襲った集中豪雨で市道が冠水し、軽乗用車が水没、運転していた女性が助けを求めたにもかかわらず届かず、死亡した。

   女性は、同市内の主婦、高橋博子さん(45)。中国から帰国する一人息子を迎えにいく途中だった。

   番組でその経緯を再現した。

   (1)博子さんが母親に携帯電話で「助けて~」と連絡(16日午後6時18分)

   (2)直後、母親が消防本部に119番通報したが出動せず(同6時19分)

   (3)博子さん自ら「車に閉じ込められた」と、110番通報(同6時21分)がこれも出動せず――

   携帯電話で助けを求める博子さんとのやり取りを母親の良子さん(75)はつぎのように 語った。

   「水が迫ってくるのが電話でもわかるんですよ。助けて~、助けて~、キャー、キャーと……あの時の絶叫は一生忘れられません。最後は『お母さん、さようなら』でした」

   鹿沼市消防本部によると、30分前に同じ場所で起きた別の車の救助要請と勘違いしたらしい。同消防本部は「相次ぐ通報で余裕がなくなり、冷静な判断ができなかった」と釈明している。

   しかし、スタジオではTBS解説委員の杉尾秀哉が「(消防・警察の)大失態ですよ。まったく確認していない」。また国際金融アナリストの末吉竹二郎も「天災でなく人災ですね」。

   しかし、司会のみの・もんたは、これには触れず、

   「水につかるとバッテリーがダメになり、電動式の窓が開かなくなる。メーカーは手動でも開けられるようにしておかないと。またトンカチを常備しておくのがいい」

   今夏は集中豪雨が各地で猛威をふるったが、これから台風シーズン。危険に対する察知力を養うと同時に、危機からの脱出法も考えておく必要が。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中