インスタントラーメン元祖「チキンラーメン」50歳

印刷

   <テレビウォッチ>8月25日はチキンラーメンの「50歳の誕生日」だった。現在のCMキャラクターの国分太一(33)と仲間由紀恵(28)が出て、誕生会が開かれた。累計で53億食だそうが。「人が食べているのを見ると、一口食べたくなる」(仲間)のが、変わらぬ人気の秘密らしい。

赤江: すごい年ですね

   誕生した1958年はどんな年だったかというと……

   ◆ 東京タワーが完成

   ◆ 1万円札発行

   ◆ 皇太子と正田美智子さんご婚約(ミッチー・ブーム)

   ◆ 巨人の長嶋茂雄が新人王(注:契約金は当時では破格の2000万円)

   ◆ 王貞治が巨人入団(注:はじめはピッチャーだった)

   ◆ 石原裕次郎ブーム

   ◆ フランク永井「有楽町で逢いましょう」が大ヒット

   「すごい年ですね」と赤江珠緒。

   スタジオでこれを知っているのは、若一光司、森永卓郎、大沢孝征だけだ。年表を解説していたみといせいこだって「??」というくらい。

   「中学生くらいでした?」と聞かれた大沢が、「そうですね。美智子さんのご結婚で、わが家にテレビが入りましたから。チキンラーメンの歌を覚えてますよ」

   森永は、「フジテレビもなかったし、チキンラーメンはごちそうでしたよ」

   「当時35円でした?」と上宮菜々子。この値段、実は街のラーメンの値段とあまり変わらなかった。

   若一は「まだ小学生でしたけど」とよく覚えていない様子。「それよりも、これを考え出した日清食品のオーナー安藤百福さんが昨年亡くなったとき、ニューヨークタイムズが社説で『ミスター・ヌードルに感謝』と、歴史的な偉業を賞賛する社説を書いた。いまや世界で年間1000億食というインスタントラーメンの、出発点なんですよね」

   チキンラーメンはいまも昔と変わらない味と包装で売っている。まあ、たくさんのバラエティーがある中で、その味はむしろ独特。家人に聞いたら、子ども達でも、ときどき「チキンラーメンが食べたい」と言うんだそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中