たけしの存在感は「アンビリバボー」

印刷

   <テレビウォッチ>フジテレビの「奇跡体験! アンビリバボー」。ビートたけしが案内役で、スタジオで所ジョージや関根勤が盛り上げ役だ。

   今回は、ペットがテーマだった。風船を尻尾で打ち返すイグアナやボールを投げ返すネコ、マグロを食べたときだけ感激して「うまい」としゃべるネコなどが登場した。確かに「うまい」と聞こえるんだなコレが。南アフリカで拾ったカバを育ててる人がいるんだけど、カバがよく食うもんで大変だという話もあった。

   ほかに、赤ワインで晩酌するのが好きなアメリカのアリクイや、ビスケット缶を自分で開けて食べるイギリスにいる140キロの羊もすごかった。羊を拾ってきたときの体重は10キロだったそうだ。飼い主が連れて散歩に行ってる光景はおかしかった。飼い主が買い物のため店に入ると、羊はちゃんと外で待ってるんだよね。

   日本では、セラビーアニマルとして訓練された雑種犬が紹介された。普通は血統書付きの犬でないと無理、とされているそうだが、見事に成し遂げたというわけだ。

   長生きの番組だ。もう10年以上やっているだろう。秘密の1つは、ネタの選び方に温かさがある、ということではないだろうか。視聴者が安心して見ることができる。また、スタジオ陣も笑いを取り、盛り上げるのがうまいし、たけしはちょっとしか出ないけど存在感がある。温かい感動ものプラス安心、笑い、とくればファミリー向けにぴったりだ。

   動物ものといえば、8月20日に東京・渋谷駅周辺で大騒ぎになったサル。その後どうなったんだっけ?

      渋谷ザル 今日はどこまで 逃げたやら

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中