グルメレポーターが話す 嫌いなモノ「おいしそうに」見せる法

印刷

   いかにもおいしそうに食べ物をほお張るグルメリポーターたち。嫌いな食べ物がありはしないか? 出されたものは全部食べているのか? 素朴な疑問がふつふつとわいてくる。2008年9月2日に放送された「笑っていいとも」のコーナーで、出演したグルメリポーターが、そんな疑問に答えた。

「好きな人にはたまりませんねー」とリアクション

   フジテレビ系『笑っていいとも!』火曜日の人気コーナー「人生リサーチゲーム スゴ6」。あるカテゴリーにわけた6人が登場し、仕事にまつわる経験や裏話が語られる。今回登場したのは、人気グルメリポーター6人。彦麻呂や阿藤快、ヨネスケらがグルメリポーター業について話した。

   さっそく、久本雅美が「すごく嫌いなものでも、頑張ってうまそうに食べるテクニックを持っているの?」と質問したところ、出演者の回答はこうだった。

   高橋真美は、「つくった人に何を狙ってつくったのか聞きます。自分じゃ感想をいえないんで」。見るからに苦手な食べ物だったとしても、食べなくてはならない、といった使命感があるようだ。最終手段として、「笑って、ほっぺの肉を強調しておいしい――みたいな顔をします」。自らのほっぺを、がっつりとつかんだ、大げさなリアクションで解説した。

   一方、彦麻呂の場合は、「好きな人にはたまりませんねー」とリアクションするそうだ。声には出さないものの内心、僕は嫌いだけど、と思っているという。また、ごまかすときは目を見開くのだとつけ加えた。大げさに目を開けて、にっこりとポーズをとる。すると、なんとなくおいしそうに見えるから不思議だ。なんとしてもリポートしなくてはならないので、と話した。

旅番組ではスイートルームに泊まれない?

   また、旅番組では、グルメリポーターが温泉宿に泊まりがけでリポートすることがある。それは本当なのか? 6人のリポーターらの回答は、「だいたい泊まるよ」「たまにありますよ」といった反応だ。

   とはいえ、自身が紹介した豪華なスイートルームに泊まることは、できないことが多いみたいだ。高橋真美が次のように説明した。

   「だいたいスイートルームですって紹介しておきながら、近くのビジネスホテルに泊まったりしますね。予算の関係で……」

   また、タモリが「(温泉に入る時間は)暇な時間を狙うと聞いたんだけど」と話をふると、みんな、そのとおりだという風にうなずいた。風呂に入っているシーンを撮影する時間は次のとおり。

   「夕方前の3時ごろ」(ヨネスケ)
   「掃除前に午前10時ごろ」(阿藤)
   「掃除後の一番風呂」(彦麻呂)

   中には、風呂ばかりを撮り続けることもある、という。このように、時間や予算の関係による裏事情があるみたいだった。コーナーの司会を務めるSMAPの中居正広も、

   「こんなこと暴露しちゃっていいの?(話が聞けて)うれしい限りですけれども」

と驚いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中