2018年 7月 17日 (火)

人気ネット動画 小倉はどう評したか

印刷

   <テレビウォッチ>とくダネ!の家長としてすべてを統べ、毎朝毎朝意気軒昂な小倉智昭だが、「人気ネット動画の裏側」なる企画が流れたときには、珍しく「なんだかよくわからない」と疎外感を表明するなど、メザニン後方席状態であった。

そんなことありませんよ

   よくわからないモノは疑い、ケナして排除する、というのがこの大物のアティチュードにある。が、その一方でネット動画経由でブレイクした音楽アーティストがいる、といった影響力の大きさは知っているため、無下にもできないジレンマを抱えているようだ。

   「パソコンで動画を探しまくってる人なんて――たくさんいるでしょ」。前半では、いつものオグラらしく、揚々と毒舌に向かいそうだったが、途中で何かを考え、急ブレーキを踏んだようである。

   病に冒された米国の大学教授の「最後の授業」がネット動画で人気だと聞くと、小倉は言った。「だからってデーブや我々が最後の授業を残しても、誰も見ちゃくれません」

   「そんなことありませんよ」。間髪入れて、佐々木恭子アナが合いの手をさしのべた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中