「しっかり者」大阪人の詐欺被害急増のナゾ

印刷

   <テレビウォッチ>「大阪の人はしっかりしているんですよ~」と、司会のみのが『ニュースめくり斬り』で、現在急増中の振り込み詐欺事件を取り上げた。

しっかりしているんです

   なぜ、大阪の人がしっかりしているかは、後で説明するとして、振り込み詐欺事件の被害額は、2004年度の283億円をピークに、05年度は251億円に減り、以来250億円台前半で推移していた。

   ところが、今年に入って急増。1~7月まですでに被害額は193億円に達し、このペースでいくと08年度は330億円以上と、過去最高を更新しそうだという。

   なぜこんなに急増しているのか? 実は振り込み詐欺の被害のうち、「オレオレ詐欺」は06年7093件から07年は6430件と減少、架空請求詐欺も3614件から3001件と減少しているのに、新手の還付金詐欺は488件から2571件と一気に急増しているのだ。

   還付金詐欺は、電話で税務署などの職員になりすまし、医療費や税金の還付金があるなどと騙し、銀行のATMへ誘い出して置いて、巧みな口実で犯人の口座に振り込ませる手口。

   特徴は、相手に「お金がもらえると思わせること」とか。つまり利にさとい?人ほど引っ掛かりやすいというわけ。それを示す格好のデータが大阪に……

   04年度のオレオレ詐欺の被害を地域別に見ると、東京30億円、神奈川15億円、千葉16億円、それが大阪は2億円だった。

   みのが「しっかりしているんです大阪の人は」というのは、この意味。だが続けてみのが「今まではそう思っていましたが……」と言って示したのが、大阪の還付金詐欺被害件数。今年1~6月までの被害件数は、前年比の20倍以上に急増中という。

   振り込み詐欺急増で昨日(9月16日)、金融庁、警察庁、全国銀行協会らが集まり協議した。

   その結果、年金が振り込まれる10月15日を『被害者ゼロ作戦』の日とし、(1)ATMの周辺に警官を配置し「振り込みは大丈夫ですか」と声をかける (2)振り込み被害の多かったATMには、私服警官が警戒、「出し子」と呼ばれる、サングラスやマスク、帽子をかぶった不審者には職務質問を行い、防止に努めるという。

   とくに利にさとい大阪の人は、足元をすくわれないように冷静に……。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中