赤江珠緒アナの早ワザ 「お姉さんも昔…」

印刷

   テレビ朝日系の情報番組「スーパーモーニング」でキャスターを務める赤江珠緒アナが、早業を披露した。

   2008年9月19日の放送で、温暖化とクマゼミの北限について取材する赤江アナの現地ルポ映像が流れた。茨城県で小学4年生の男の子と一緒にクマゼミ探しをする赤江アナ。そこで赤江アナが発見したのは、木にとまっているアブラゼミだった。赤江アナの肩の高さぐらいにいたそのセミを、赤江アナは「ちょっと」と言いながら素早く右手の中に収めた。

   「ジ・ジ・ジージー」と騒ぐセミ。同行の男の子は「はや!速!」と驚いていた。赤江アナは「お姉さんも昔、セミを捕まえたりしてたのよ。子どものとき」と語り、セミを逃がしてやった。男の子の赤江アナを見る目は明らかに変わっていた。視聴者が見る目も変わったかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中