2018年 7月 20日 (金)

サラリーマンNEO 前見たときはひどかったけど…

印刷

   <テレビウォッチ>NHKのサラリーマンNEO。シーズン2が始まったころにこの欄で取り上げた。そのときは「笑える代物ではなかった」と書いた。

   今はシーズン3なのだそうだが、久しぶりに見ると変わっていた。よくできていて笑えた。前は構成がダメだったが、今回はサラリーマンの喜怒哀楽を上手に表現したコントになっていた。びっくりするぐらいに変わっていた。

   生瀬勝久が達者で、魅力がよく出ていた。アホタレントを集めてにぎにぎしくやる、というのではなく、コントとしてちゃんと仕込んで演じている。転勤や出世競争の悲哀など、サラリーマン生活をじっくり見つめ直したのだろうか。

   細かいことだけど不満はあった。冒頭のクレジットは何と書いているのか分からない。デジタルっぽく格好つけてるがよく読めない。番組の終わりにも普通にクレジットを流していたので、冒頭のはいらないんじゃないか。

   クレジットはともかく、中身は面白くなっていた。以前書いたときは「全部『生煮え』」「しょせんはNHK」と厳しく書いたけど、今回は評価を一新しました。笑えるだけでなく、サラリーマンってそうだよな、と存在そのものを考え直させられもした。

      宮仕え すまじきものと 思えども

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中