2019年 3月 26日 (火)

麻生新総理 「ボクちゃん以外は目立っちゃいやよ内閣」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   <テレビウォッチ>さあ、発足した新内閣、何と名付けるか。

ところで選挙はいつ?

   「ボクちゃん以外は目立っちゃいやよ内閣」(鳥越俊太郎)

   「麻生ワンマン内閣」(有馬晴海)

   有馬のいうところは、こうだ--細田幹事長、河村官房長官の名前をみたとき、「選挙やる気があるのか」と思ったが、全てのことは俺ひとりでやるというメッセージ。主役は俺ひとりでいいと。

   三反園訓は、「地味な内閣だが、麻生さんらしい。初めてみたけど、閣僚名簿を自分で読んだでしょ。ただ、内容は前の日から流れていた。これが、全く誰も知らないのを発表したら、かっこよかったのに」

   鳥越はまた、「野田、中曽根という郵政反対組が入っている一方で、小泉改革はぐじゃぐじゃ。いわゆる上げ潮派はシャットアウト。小泉路線さよなら内閣だ」という。

   小木逸平が、「18人中11人が2世3世の世襲組」

   江上剛が、「国会がそうなってる、その反映でしょ」

   赤江珠緒が、「財政と金融が兼務になりましたね」

   これに江上は、「大蔵の不祥事でチェックするために分離したのだが、一緒になると暴走しますから、チェックは必要」

   テレビというのは、こういうときにやっぱり強い。話がとりとめのない流れになっても、過去の映像をうまく使うと、ピリッとなる。

   話題の閣僚でも、小渕優子(少子化)、浜田靖一(防衛)には、それぞれ父親の映像。石破茂(農水)では、「だれかがやらなきゃならない」という何日か前の発言。かわいそうだったのは舛添要一(厚労)で、1年前の選挙のときの映像で、麻生現首相のアルツハイマー失言の直後、「あのバカ大臣と一緒にいたくないから時間をずらした」と言ってるのがばっちり。そのバカ大臣の元での再任だ、とナレーション。

   その舛添大臣の「後期高齢者医療制度の見直し」では、スタジオも侃々諤々。

   三反園が、「選挙のためにいってると思われたらだめ。選挙ではぶれたら大変。橋下さんのとき、減税やらないといってたのに、やるといったらぼろ負けした」

   赤江が、「ところで選挙はいつですか」

   三反園は、「福田さんでも支持率58%を出した。それを上回りたいところでしょう。それをみながら決まる」 

   もう調査は始まってるのかしら。結果が出るのは週明けか。しばらくは騒々しいことだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中