世襲はぶっ壊さない! 小泉元首相が狙ったタイミングとは

印刷

   <テレビウォッチ>型破り男、最後のサプライズは 電撃引退。昨日(9月25日)夜、小泉純一郎・元首相が地元横須賀での支援者らとの会合で、政界引退を表明したという。

   なぜこのタイミングなのか。「(総裁選で)小泉改革を否定され、意趣返しをした」(ジャーナリスト・上杉隆)と総裁選に絡めた見方も出ていたが、このニュースにさほど驚なかったというゲストの田崎史郎・時事通信社解説委員長は淡々と、冷めた調子で解説する。「大物議員が引退して、息子に世襲させるには、総選挙前のいまは良い時期。強い対立候補もいないし、チャンスなんですよ」

   次男(進次郎)を後継とすることでほぼ決まりなのだという。現職の親からジバン、カンバン、カバンといった財産をまるまる贈与された『新人』と、その他が争う1人区選挙。これはフェアな競争と言えるのだろうか。

   今日を限りに、とくダネ!コメンテイター職を引退する友近も、皮肉に物申した。「党内や国民に反感を買った改革もあったけど(略)、ただ、(そんな)型破りな感じの小泉さんが、地盤を息子さんに譲った。そこはもうちょっと型破りでいてほしかった」

   型破りなカブキ男も、最後の最期になって、日本の政治家の古き良き伝統へと改心したようではある。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中