朝食バナナダイエット 「次の果物」とその矛盾

印刷

   <テレビウォッチ> 史上空前のバナナブームの「次」として脚光を浴びる食べ物があると番組は言う。じつはバナナにほとんど近い成分の果物がある――。「それはいったい!?」というナレーションから待つこと十数分間。

運動も必要です

   謎の果物の紹介者は、本橋登・博士(明治薬科大学理事)。朝バナナダイエットの敬虔な実践者であり、10年前77kgあった体重を57kgに減らした。そして、関連著書を出すなどバナナブームのエバンジェリストでもある。

   博士によれば、バナナには糖質や脂肪の燃焼を助けるカロテンと、余分な水分を体外に出すカリウムが豊富で、ダイエット効果が期待できる。そして、それらの成分がバナナと同じぐらい含まれているのが――「キウイ」なのである。

   もちろん、博士はバナナでもキウイでも、昼食夕食でバランスの取れた食事、適度な運動の必要性を付け加えるのは忘れない。「結局、運動も必要なんですよね。バナナ食べるだけで痩せないんですよね」(加藤浩次)

   運動、バランスのよい食事――耳にタコのそれらが実践できるなら、バナナダイエットも要らないはずだ。結局、矛盾しただまし絵のような話ではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中