ノーベル賞の1億円超 「たいした額じゃない」と某芸能人

印刷

   <テレビウォッチ> 「朝ズバッ!」名物、みのもんたの紙芝居「ニュースめくり斬り」でノーベル賞をおさらい。

上がってくれれば…

   日本人の受賞は、2002年の小柴昌俊、田中耕一以来6年ぶり。「日本人3人が受賞」は初の快挙。

   今回受賞者と受賞理由は以下の通り。

◇南部陽一郎・シカゴ大名誉教授(87)
 素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れの発見
◇小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授(64)
◇益川敏英・京大名誉教授(68)
   クオークが自然界に少なくとも3世代以上あることを予言する対称性の破れの起源の発見

   「どちらも『破れ』。破れかぶれの人生という言葉がありますが……」とみの。

   そもそもノーベル賞は、全部で6部門。各賞の受賞枠は最大で3人まで。

   「ということは、物理学賞を日本人が独占した。初のことなんです」

   授賞式と晩餐会は12月10日(ノーベルの命日)、スウェーデンのストックホルムで行われ、メダル・賞状と賞金が授与される。賞金は各賞にそれぞれ1000万スウェーデンクローナ。日本人受賞は非課税になる。

   みのは、「非課税というのは、わかりやすくいうと税金がとられないということですねぇ」(スタジオに笑い)とにんまり。ちなみに、賞金は南部名誉教授が500万、小林・益川両名誉教授が計500万に分けられる。

   この賞金は、ノーベル財団が管理する遺産の運用益から捻出される。

   「運用というのは、こういう風にしないといけません」(笑い)

   さて、では1000万スウェーデンクローナとは、日本円でいくらでしょうか。ここにもじつは、「世界金融危機の余波が」と「円高」のグラフをめくっていくと……あらら、8月時点で1億8000万円だったものが、10月5日現在で1億4000万円に。授賞式のある12月10日までに「金融不安がなくなって、上がってくれればいいんですがねーー」

   そこで紙芝居は終わり。カメラがひいて、CMに入りかけたときだった。「たいした額じゃない」というみののつぶやきが聞こえちゃった。

   そう、ギネスブックにまで載ったみのもんたに及ぶものは、そうそういない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中