2018年 7月 22日 (日)

民主議員「マルチ業者からカネ」で質問も みの「罪にならないの?」

印刷

   <テレビウォッチ>今の民主党にいちばん痛いことが起こってしまったようだ。小沢代表の側近のひとり、前田雄吉衆院議員(比例東海)が、マルチ商法業者から献金を受け、国会でも業界擁護の質問をしていたというのだ。

みの:前にも、メール問題なんて…

   本人はきのう(10月15日)夕方、「後ろめたいことはない。胸を張ってこのまま生きていく」と話していたのだが、夜、会談した小沢代表は、深夜零時をまわったきょう未明、会見して、「前田議員から、公認を辞退し立候補はしない、党籍は離脱するとの報告を受け了とした」と説明した。

   前田議員は小沢支持の政策グループ「一新会」の事務局長を務める側近で、次期衆院選の第一次公認候補でもあったのだが、まさにばっさり斬ったという感じ。

   嶌信彦は、「直裁にいえば、選挙への影響を考えてのこと」という。

   疑惑の中身は、前田議員が代表の2つの政治団体が、2004―07年の間に多数のマルチ商法業者から1000万円を超える講演料と献金を受け取っていた、というもの。なかには、経済産業省から業務停止命令を受けた業者も含まれていたが、前田議員は毎年、業界を擁護する質問を重ねていた。

   みのは、「献金を受けて、業界を擁護する質問をしているとなると、罪にはならないんですか?」

   嶌は、「どの程度までの発言かですね。これなら罪にならないだろう、というつもりだったんでしょうね。それが世間一般の目から見れば、擁護しているというのでやり玉にあがった」。

   「小沢さんの決断、早かったですね」とみの。

   嶌は「選挙が近いからでしょう。長引くと予算委員会なんかでやられますからね」。

   みのは、「前にも、メール問題なんてありましたよねー」。

   まあ、そんな業界から金をもらう方もどうかと思うが、なんでこの時期に出てくるのかね。あのメール事件だって、自民の陰謀の臭いがふんぷんとしていた。これも政権担当能力のうちか?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中