ドランクドラゴン鈴木 「みすぼらしい格好だったために……」

印刷

   お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が2008年10月17日のブログで、テレビ番組収録前に起きた、悲愴なエピソードを語っている。

   そもそも道を歩いていると、人違いされることが多い。「アンタッチャブル」柴田英嗣、「おぎやはぎ」矢作兼といったメガネをかけたお笑い芸人とよく間違えられる。中には、痩せ型の鈴木に向って、「マッスルさんだよね?」と声をかけられたこともある。

   先日もこんなことがあった。ある大女優さんとクイズ番組で一緒になったときのこと。番組開始前に共演者らと雑談していたところ、彼女から「もう本番始まるわよ」と声をかけられた。喋るのをやめたところ、またまた「だからもう本番よ」声をかけられる。

   鈴木が「そうですね」と答えると、彼女は、

「そうですねじゃないわよ!ココにいたら
あなたテレビに映っちゃうわよ!」

と返したという。つまり、彼女はどうやら、鈴木を番組のアシスタントディレクター(AD)だと思っていたらしいのだ。

「僕があまりにも、みすぼらしい格好だったためにADさんと間違えたみたいです」

   しかも、かのADは鈴木よりも華があったそうだ。相変わらずの影の薄さに、その時、ボンヤリ思ったという。「もしかしてマッスルさんに間違われてる方が幸せだったのかな?」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中