「おバカ」スパイ 「笑いの銃弾」の魅力(ゲットスマート)

印刷
(C)2008 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
(C)2008 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

   <ゲットスマート>今アメリカで絶大な人気を誇るコメディアン俳優を起用したスパイアクションムービー。物語はいたってシンプルであり、スパイ映画なのにハラハラする展開も別にない。この映画の見所は、新人エージェントのマックスを演じる主演のスティーブ・カレルに尽きる。

   『ブルース・オールマイティ』でジム・キャリーのライバル、エヴァンを演じていた俳優と聞けば思い出す人もいるだろうか。それでもアメリカのコメディがヒットしない日本ではあまり知名度は高くない。しかし本国での人気の高さは抜群で、彼が主演した映画は必ずヒットする。英語が分からなければ理解しがたいユーモアや大げさなギャグだけで笑わせるのではなく、一見生真面目そうなルックスに似合わない甲高い声や言動そのものがすでにおもしろい。真剣な顔つきになればなるほど人を笑わせるのがスティーブ・カレルという俳優の魅力である。

   本作のノリはそんな彼の得意分野だ。シリアスな場面だろうとピンチな状況であろうと、クスクスと笑わずにはいられない。アン・ハサウェイ演じる相棒のエージェント99は優秀なスパイだが、新人のマックスに毎回足を引っ張られる。いかにもダメなスパイという感じのスティーブ・カレルと、セクシーで機敏な動きのアン・ハサウェイのコンビが対照的なのがいい。それにエージェント99は全身整形を施した経緯があるのだが、目鼻立ちハッキリしている彼女にはピッタリな設定でおもしろい。

   しかしストーリーの流れが少々おおざっぱである。物語自体がシンプルでもハラハラする展開がなくても、この手の映画はコメディ映画だと完全に割り切ってしまえばいい。ただ本作の監督は『N.Y.式ハッピー・セラピー』や『50回目のファースト・キス』のピーター・シーガル。この2作は今作ほどコメディ色は強くないが、温かい人間ドラマと見やすいテンポでの流れが良い。期待が大きかったせいもあるが、どうせならコメディ部分だけでなく、ストーリー性と展開の流れも丁寧に描いて欲しかった。

ジャナ専 巴麻衣

   オススメ度:☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中