こんにゃくゼリー「ダメ」なら 「自動車も売れなくなる」

印刷

   <テレビウォッチ>「この論法だと車も売れなくなっちゃう」。最大手『マンナンライフ』が、主力製品の「こんにゃくゼリー」の製造中止を決めたことに関連して、小倉キャスターが異を立てた。

極論かもしれないが

   ダイエットにも便秘にも効くという人気商品「こんにゃくゼリー」。ツルッとノドを通り抜け食べ易いのだが、他社製品を含め1995年から現在までで、ノドに詰まらせ窒息死亡した例が17件に達している。

   昨(2007)年3月、学童保育所で出された「こんにゃくゼリー」で窒息死した男児(7)の母親は「まさかこの商品で命を落とすとは誰も考えていないと思う。食べると死ぬかもしれない商品が売られていること自体が問題と思う」と。

   しかも、兵庫県では先月、1歳9か月の男児がやはりのどに詰まらせ死亡している。

   そこで、野田消費者行政担当相が最大手の『マンナンライフ』幹部を役所に呼び、製品の自主回収を要請。これを受けて同社は製造の中止を決めたのだが……

   最近、インターネット上などで、製造再開を求める声が広がっているという。そこで、番組が19、20の両日、都内で子供を持つ成人男女100人にアンケート調査を行った。その結果……

   「製造中止は当然か?」の問いに、「ハイ」と答えた34人に対し、「イイエ」が65人(非選択1人)もいた。「イイエ」と答えた人に多かった意見は「親がちゃんと子供を見ていないから」だった。

   番組で「こんにゃくゼリー擁護論」が出てきたのはここから。

   まず小倉が「餅がノドにつかえて亡くなる方がもっと多いはずですよ」と。で、リポーターが示したのが、厚労省がまとめた『窒息の原因となった食品』(2006年)。

   それによると、もち169件、パン90件、米飯89件、あめ28件、団子23件、カプセルゼリー11件に順だった。

   「こんにゃくゼリー」は、カプセルゼリーに含まれており最下位。むしろ、窒息するとは一般的に考えられていない米飯やパンが意外に多いのには驚く。

   また番組よると、窒息死した17例のうちマンナンライフの製品は3例だけ。あとは他社の製品。8、9割のシェアを占めるマンナンライフが代表してスケープゴートにされた感じも。

   小倉はさらに「消費者が気をつけて食べれば大丈夫のものを製造中止に追い込むことができるのかどうか。極論かもしれないが、この論法でいったら、車なんか売れなくなっちゃう」と。

   これまで消費者行政は「消費者対業者」という対立軸で考えられてきたが、「どんどん締め付けをするのが利口なことなのだろうか」(小倉)という視点も大事。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中