「ニート」フェンシング太田が就職 その初任給

印刷

   <テレビウォッチ>北京五輪のフェンシング銀メダルの太田雄貴選手(22)が、森永製菓に就職が決まった。プロ契約ではなく正社員。引く手あまたの中から、なぜ森永? 「高校のときに助けてくれたから、恩返し」なのだそうだ。

彼女のこと…

   きのう(10月23日)の会見で、太田は「いろんな人に支えてもらって社会人になれました。本当にありがとうございました」といったところで、感極まって涙を流した。メダルを獲ったときでも泣かなかった男が……。

   後で聞くと、「両親が心配してくれていたので……」といった。太田は同志社大を卒業後も、北京を目指してニート生活を続けていた。さまざまな思いがあったのだろう。テレビで息子の涙をみた「ギューでチュー」のお母さんも涙していた。

   みのもんたが、特大の森永の名刺をもってきた。「森永製菓・健康事業本部 ウイダー事業部マーケティング担当 太田雄貴」とある。ナマ電話で太田の声がスタジオに届いた。

   「森永に決めたのは、昔お世話になったほかに何かあるの?」とみの。

   太田「森永の考え方の中に『子どもたちに夢を』というのがあって、そういう社風、人柄が好き。また、あまりいってこなかった。できたら……みたいな、そのスタンスが素敵だった」

   「へエー、条件提示してうちへうちへじゃなかったんだ」

   太田「一切お金の話はなしで、10月中旬まで」

   「でも太田君、ここだけの話だけど、お金って大事だぜ(スタジオ爆笑)。初任給は400万円切るくらいだって?」

   太田「22歳の新卒で、適切なお金だと思います。すごいお金もらってもどうしようもないんで」

   「いつから出社? こんなものも売るの?」と森永の「ウイダー」をチラリ。

   太田「11月1日からで、製品開発の改善というので、ウイダーだけじゃなくてプロテインとか……」

   「さりげなく商品名が出るねぇ」(爆笑)、「お母さんがギューしてチューだといってたよ」

   太田「初めて見ましたが、流行語大賞でもほしいのかなと思って……」(爆)

   「ガールフレンドにも報告したの? もう社会人でしょ?」

   太田「『あ、そー』とあまり関心がなかったような。きのうの会見みて『泣きすぎ』と」(笑い)

   「11月1日といったから、マスコミがくると思いますが、まずは会社第1ですからね」

   太田「はい」

   「で、歓迎会などアルコールが出る。飲み方指南ならわたしがやります。そっちでは横綱といわれてますから、ワハハ」

   終わって、「さわやかですねぇ。彼女のこと当てずっぽうでいったら当たった」(笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中