上地雄輔と上戸彩 「格差」をなめてないか

印刷

   <テレビウォッチ>フジテレビの新ドラマ「セレブと貧乏太郎」。上戸彩と「羞恥心」で大人気の上地雄輔が主演だ。

   上地は、3人の子持ちでワーキングプアという役柄。一方上戸の役は、ホテル王の娘で自分でもブランドを立ち上げて活躍している。そんな上地が上戸の運転手に雇われるというのが初回のストーリーだった。ほかに、山下真司と国仲涼子が親子役で、上地が顔をだす食堂を経営している。

   上地一家は、とれた卵にしょうゆを3滴たらし4人でくう、という食生活を送っている。それを上戸がたべてうまい、と感じる。ギャップが次第に埋まっていき…というラブコメディなのだろう。

   上地の演技はひどいとは言わないが、子役といい勝負だ。描き方はマンガチックだが、徹しきれてない。上戸の秘書役の風間杜夫のシーンはマジ路線だったりして、全体としてギクシャクしている。いまひとつ笑えない。

   主役2人の格差ゆえに起こる騒動を克服しながら2人の距離が縮まっていく、という展開にするには格差の描き方が薄っぺらだ。あまりハラハラもドキドキもできそうにない。

      羞恥心 なくても見れる 軽さかな

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中