鈴木拓が明かす「さかな君」の意外な一面

印刷

   お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓は、中学、高校と一緒だった「さかな君」の、意外な一面を明かしている。2008年10月29日のブログから。

   「さかな君」は、中学生の時から既に「さかな君」だった。鉛筆、消しゴム、下敷き、何から何まで魚にまつわるものばかり持っていた。それだけでは飽き足らず、授業中に先生に隠れて教科書に魚の絵を描くこともあった。授業中に机の中に手を入れてゴソゴソしているので何をしているのかなと思って見てみると、「フグの剥製をなでていました」。

   ある時、天然記念物のカブトガニが学校に運ばれてきた。漁師の網にかかってしまい、どうしたらいいかわからなくなって、「そうだ! こういう時はさかな君だ!」となり、運ばれてきたようだ。さかな君が大切に育てたカブトガニはどんどん増殖していった。

   ある日、「でっかいカメラ」を持った人が中学校に来た。なんでも「民間の人がカブトガニの孵化を成功させたのが初めて」とのことで、さかな君は表彰されて、大きく新聞に載った。

「もう中学校ときからその才能の片鱗(へんりん)は見えてました
さかな君に対して片鱗という言葉は本当にシックリ来ます
なんと言っても鱗ですから」

彼のカンニングペーパーは全部間違っていた

   そんなさかな君だが、「彼は魚のこと以外は、からきし駄目でした」と明かす。テスト前に、鈴木がさかな君にどこが出題されそうかと聞くと、丁寧に「ココとココは必ず出るから覚えておいて」と言われた。

   ところが、まったく出なかった。するとテスト中にさかな君は「ゴメン」というジェスチャーとともに、紙を渡した。カンニングペーパだった。

「意外な一面でした
彼は以外にも(原文まま)度胸がすわっていました
ちなみに彼のカンニングペーパーは全部間違っていました」

   芸能界に入ってから一緒に仕事をしたことがない。さかな君を取材した番組のVTRに鈴木が出演した時、番組ディレクターに自分の電話番号を書いて「今度呑みに行くか釣りにでも行こう」と伝言を頼んだが、「いまだに彼から連絡はありません」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中