首相の新経済対策「○か×か」 スタジオ陣が評価

印刷

   <テレビウォッチ> きのう(10月30日)麻生首相が打ち出した新経済対策をどう見るか――番組は、このところ各局に出ずっぱりの感がある経済ジャーリスト、荻原博子をゲストに迎えて診断を試みた。

ジレンマがある

   新経済対策の中で暮らしに直接、関係がありそうなのは、生活支援定額給付金、住宅ローン減税の延長・拡大、高速道路料金引き下げの3つ。

   まず、夫婦、子ども2人の4人家族で約6万円という生活支援金について、荻原の見立ては「貰わないよりは貰ったほうがよく○。でも、冬のボーナスは減額が見込まれ、その穴埋めに使われそうで、経済対策効果という点では×」。

   大谷昭宏は「経済対策、景気対策というより選挙対策」と切り捨てる。住宅ローン減税は「主にセレブ層が対象で×」。

   高速道路料金引き下げも、乗る人にとっては○だが、乗用車限定で営業車が除かれており、経済効果は疑問で×。木場弘子は「渋滞が起きると環境に悪い」。

   小木逸平が「全体の評価は?」と問うと、荻原は「意外と大したことなかった」。

   山口一臣は「3年後に消費税で回収しますと、財源を明確にしたことは評価するけど、そのために消費を抑制してしまうというジレンマがある」と語った。

   村田晃嗣に至っては「3年後はたぶん、麻生首相ではないし、自民党政権でないかもしれない。3年後のことは保証の限りではない」。

   首相が張り切っている割りに歓迎されているわけではないようだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中