宮地真緒 「ちくわ部部長宮地です」

印刷

   生まれて初めて「ちくわぶ」を食べた女優の宮地真緒は、そのおいしさに感激して「ちくわ部」を作りたいと企てている。2008年11月6日のブログから。

「記念してちくわ部を作りたいと思います。
ちくわ部部長宮地ですコンバンハ」

   24年間生きていて初めて食べたというちくわぶは、ロケでスタッフが手作りしたおでんに入っていた。小麦粉製品だが、「ちくわ」だと思っていたようだ。「小麦好き」を名乗っている宮地は、「あなどれないぜちくわぶ…」ともらす。

   コメント欄には、ちくわぶ愛好家らが「ちくわ部に入部希望します」「部員になりたいで~す」と書き込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中