オグシオ「解散」 「大歓迎」な人々

印刷

   <テレビウォッチ>バドミントン女子ダブルスの「オグシオ」が昨日(11月11日)、会見を開きペア解消を発表した。

そういうことは言わないの~

   『得もり』で取り上げた笠井アナが、小倉の一言に「そういうこと言わないの~」と声を張り上げた。その一言とは……

   ペア解消の原因は2人のモチベーションのズレ。小椋久美子が次のロンドン五輪を目指すと明言しているのに対し、潮田玲子は「応援をして下さる方がいるので現役続行するが、今からロンドン五輪を目指すというのは……」。

   共に25歳。高校1年からペアを組み、実力と人気で、「オグシオ」の愛称で親しまれてきた。

   昔、25歳は「お肌の曲がり角」とか言われたが、女子のスポーツ選手にとって25歳は、新たな目標に向かって突き進むか、別の新しい道を模索するか「分岐点」なのだろう。

   まして潮田の場合は、テレビ局からキャスターの話が持ち込まれ、引退をほのめかす発言もあったようだ。

   で、笠井が「この会見をしたことで芸能界、テレビ界からオファーが激しくなるでしょうね~」と水を向けた。

   食いついたのが、もっともオファーを出しそうな局を代表(?)して小倉。「1日も早くバドミントンをやめて業界にお入りになったらいい」。

   すかさずタレントの高木美保が、小倉の方を指差して「そこに座ってほしいのでしょう」。つられて小倉が「恭子ちゃん(佐々木アナ)が妊娠しているので……」と悪乗り。

   『得もり』を仕切る笠井が「チェ、チェ、チェ、そういうことは言わないの~」。

   このペアが見られるのは、12日から開幕する全日本総合選手権が最後となる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中