「1万2000円」給付金 選挙終わったら「実は白紙」に?

印刷

   <テレビウォッチ>定額給付金の支給が決まったが、所得制限などの詳細は「自治体任せ」になった。いわば丸投げ。担当の鳩山邦夫総務相までが、「釈然としません。道1本はさんで、あっちとこっちで違う? 混乱しますよね」という始末だ。

白紙撤回なんて…

   決まったのは、1人一律1万2000円、18歳以下と65歳以上は8000円をプラス。所得制限は、年間所得1800万円を下限の目安として、実施するかどうかも含め、細目は自治体に任せる。所得については、世帯主なのか家族全員なのかもわからない。

   たちまち百家争鳴だ――

   太田昭宏・公明党代表「丸投げ批判はあたらない。それよりきょう(12日)決まったことが大事」

   佐竹敬久・秋田市長(全国市長会会長)「法の裏付けなしに所得制限やれといわれても、事実上無理」

   東国原英夫・宮崎県知事「地方に裁量権くれるのなら、もっと多くの権限がほしい」

   中田宏・横浜市長「世帯ごとに所得を把握するのは、自治体には無理。それを押しつけられる」

   麻生首相「地方で判断する。地方分権なんだから、よろしいんじゃないですか?」

   鳩山由紀夫・民主党幹事長「無責任じゃないか。弟(鳩山総務相)も釈然としないといってる」

   高木勝・明大教授「印刷費、通信費、振り込み手数料も発生する。膨大な人手も必要。ひっくるめると2000億円くらいが消えてしまうんじゃないか」

   「朝ズバッ!」が例によって町の100人にアンケート。今回の措置への賛否を縦軸、もらうかどうかを横軸のボードに印をつける。結果は、「反対」だが「もらう」というのが58人でいちばん多かった。「受け取らない」は11人だけ。

   声も「くれるんならいいじゃない」「こんなバカな制度はない」「選挙目当ては反対。だけどもらうよ」「旅行にいきたい」「(出産予定が給付予定時期の3月なので)もらえないの?」「(新宿のホームレス)焼き肉が食いたい」

   みのもんたは、「景気を浮揚させたいと始めたことじゃないの? 社会保障なの?」

   スタジオで山田宏・杉並区長が、のっけから「無原則、無効果。やめたらいい」という。「景気浮揚なら所得制限しちゃいけない。杉並は制限などしない。隣がやらないのにこっちだけできない」。さらに「事務費と手間が膨大なものになる。いちばん困るのは苦情なんですよ」

   みのの「白紙撤回なんてありますかね」との問いに、「ありうると思う」と山田区長。

   高木美也子が、「ここでやめたら、怒りはすごいでしょうね」

   麻生政権なんて、即吹っ飛ぶね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中