日本野球が韓国に「勝てない」理由

印刷

   来2009年春行われる野球世界一をきめるWBC 。原辰徳代表監督と6人のコーチ陣が11月13日、正式に決まった。

   北京五輪4位に終わった日本野球。番組では『世界に勝てるのか日本野球』をテーマに取り上げたが、内容は「その前に韓国野球に勝てるのか?」と。躍進著しい韓国野球の秘密に迫った。

日本選手1億円超 韓国3000万円

   韓国のプロ野球の歴史はまだ26年と浅い。選手の年棒も、日本が1億円を超える選手が多いのに比べ、3000万円もらえれば多いほうだと、言われている。

   その韓国野球に日本はシドニー五輪で2敗、06年のWBCで1勝2敗、北京五輪で2敗、通算すると日本は1勝6敗と大きく負け越した。

   その韓国野球の特徴は、力強い打撃力と安定した守備力。北京五輪での打率は、日本の.233を上回り.272。日本と並んでエラー数も最少だった。

   この急成長の秘密は何か? 番組が現地取材などで得た答えは「日本のプロ野球」だった。

   証言するのはスポーツ韓国日報の担当者。「日本野球のいいところを取り入れたから」という。

   キム監督が率いるSKワイバーンズは、4人の五輪代表選手を出し、今年2連覇を果たすなど、韓国躍進のけん引役となっているチーム。

   そのキム監督が2年前に千葉ロッテのコーチを勤め、日本野球を学んだ成果が実を結んできたのだと。

   欠点のあった守備力を強化するために、かつて阪急時代に守備の名手と言われた福原峰夫をコーチに招いて特訓。

   楽天の野村監督が実践していたID野球も積極的に取り入れた。野村メモを入手し、もっともよく理解していると言われたヤクルト時代のコーチ、伊勢孝夫を招いて学んだ。

北京五輪「選手選考間違ったのでは?」

   こうしたチームの地道な努力のほかに、球界も北京五輪に勝つために新たな取り組みを。今年8月にはプロ野球を一時休止。敵を知るために、渡航費や滞在費を全額負担しライバル、キューバチームを呼んで試合を行っている。

   番組に生出演した野村監督は、キャスターの国谷が「ID野球が海を渡った感想はどうですか?」に「悪い気はしませんが、韓国野球もずいぶん力が出てきた。(日本と)並んでいますね。うかうかしていられない」と。

   このあと国谷は、話題を来春のWBCに転じ「もし代表監督ならどういうチーム作りから始めますか? カギは何ですか?」とズバリ質問。野村もこれにズバリ応えた。

「選手選考ですね。どういう選手を選ぶか楽しみです。北京五輪を見ていて一番に思ったのは、選手選考が間違ったのではないかと。何故この人が選ばれなかったのかという人が何人かいた。今度は慎重に選んでほしい」
「中心なき組織は機能しないという原則がありますが、やっぱり4番を誰にするか。打線でいえば3、4、5番が決まれば、後は枝葉ですから」

   野村は「野球は頭のスポーツ。情報収集力、分析力、その活用は絶対条件」という。しかし韓国戦の場合もう一つ絶対条件があるような気が……。自信と気迫。なぜか蛇に睨まれたカエル同然なのが気になる。

モンブラン

   *NHKクローズアップ現代(2008年11月12日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中