絵がうまい大関・日馬富士 そのビックリお値段とは

印刷

   <テレビウォッチ>大関に昇進した安馬あらため日馬富士(はるまふじ、24)が、ナマ中継で喜びを語った。幕内最軽量の129キロながら、今場所では12日目に横綱白鵬を破り、千秋楽での優勝決定戦では敗れたものの、3場所35勝10敗の堂々たる成績だった。

ガールフレンドは?

   みのもんた「昨夜は眠れましたか?」

   大関「お酒のんだので」

   みの「お酒すきですか?」

   大関「大好きです」

   みの「わたしとおなじですねぇ(笑い)。しこ名を変えたのは?」

   大関「親方(伊勢ヶ濱親方・元横綱旭富士)が変えました。大関にふさわしい名前にと」

   みの「優勝決定戦はどうでした?」

   大関「初めての経験でした。勝ち負けより自分の相撲がとれたから、いい経験になりました」

   みの「あの大一番で見直されましたよ」

   大関「ありがとうございます。(首が横綱の脇の下に入って)息ができなくて、手をついたら恰好が悪いし……」(笑い)

   ここで、相撲ジャーナリストの杉山邦博が割って入った。

   杉山「この前、私をみつけて『よろしく』といってくれた。あれは嬉しかった」と感激。さらに「15日間ひとつも逃げなかった。これを誉めたい」とテンションがあがる。

   みのが、「杉山さん、血圧があがってます」(笑い)

   杉山「12日は立ち会いがすばらしい。しかも最後、足を払ってる。あれはなかなかできない」。続いて優勝決定戦の映像を「実況風」になぞって、「首が脇の下に入って、アマだと止めに入るところですが、首は大丈夫だった?」。むろん、大丈夫だ。

   みの「横綱(白鵬)はどうですか?」

   大関「横綱は、すごいです」

   みの「朝青龍はどうですか?」

   大関「すごい存在です」

   大関はまた、絵が大好きで玄人はだしの腕だと、スタジオで2点を披露した。1点は2頭の馬が夕陽に向かっている絵柄。もう1点は風景画で、みのが「これは湖ですか?」「はい、想像で描きます」

   みの「何百万円という値段で売れるそうですよ」

   大関「……」。スタジオも一瞬沈黙のあと、笑いが。

   みの「モンゴルにガールフレンドはいますか?」

   大関「いないです」

   みのはしつこく「日本には?」。一瞬あってから、「いないです」

   「いるよ、これは」に大笑い。

   大関になると、給料も234万7000円(関脇は169万3000円)。旅行もファーストクラスで、国技館に駐車もできるようになる。

   みの「車はどうします?」

   大関「ごっつぁんです」(爆笑)

   みの「何がいいの?」

   大関「レクサスです」

   みの「え? トヨタですね。奥田さんて友だちなんですよ……うそうそ」「いちどお祝いやりましょう。ごっつぁんのTBSといってね……」(笑い)

   モンゴル力士で3人目の大関。日本力士、がんばれ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中