「オス」熊、実はメスでした 記者会見する必要あるか

印刷

   <テレビウォッチ>「熊(クマ)だけにこれはクマった。動物園でこんな勘違いです」と、相変わらずエアーな喋りの大竹真リポーター。円山動物園から約4年前に釧路市動物園にムコ入りしたホッキョクグマの「ツヨシ」(4歳)がじつはメスだったことが判明した。さらに、円山からおびひろ動物園に行った「ピリカ」もオスのはずがメスだったというのだ。

テリー:これで人気出るんじゃない

   クマの性別はとくに小さい頃には、見分けるのが大変らしく、飼育員の『診断』で判断したのが、間違いのもとだったようだ。

   「従業員もトラウマでしょうね。(略)クマなく探した……(んでしょうけど)」と東京大学教授のロバート・キャンベル。

   動物園がわからなかったのはしょうがないし、誰も悪くないとする司会の加藤浩次は「何なんでしょうね。記者会見とかやらなきゃいけないんですか。記者会見のあり方考えた方がいいですよ」と社会派コメント。

   「これで人気出るんじゃない。ツヨシを見たいって」。さまざまなコメントキャラを使い分けるテリー伊藤は、ここでは天才テレビ演出家の顔を見せた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中