ドリカム、「紅白歌合戦」出場辞退のワケ

印刷

   「DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)」のリーダー、中村正人が2008年11月27日のブログで、紅白歌合戦の出場辞退は苦渋の決断だったことを明かしている。

   紅白歌合戦のオファーについて、「ほんとに幸せ者です」と感謝する中村。しかしながら、現在は新曲やライブ映像の制作を「いち」から手作りでやっていると明かす。実は、年末年始も元旦をのぞいて休みがなく、「東京とNEW YORKでスタジオに入る予定です」とのことだ。

   というのは、ドリカムが09年の3月21日、デビュー20周年を控えていることも一因なのだろう。

「一生に一度しかない20周年に、その20年を支えてくれたみなさんに沢山のステッキーな音楽を届けたいと、この1年、ぎゃんばり続けています」

   いま取り組んでいる楽曲がさらに認められるようになれば、と中村。そんなわけで、紅白歌合戦辞退は「なにはなくとも、みなさんに愛される楽曲を生み出すことが先決!」とのことで、苦渋の決断だったそうだ。

   もっとも、大晦日には「今年こそ、紅組優勝!」と、大声援をおくることを約束している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中