市原隼人 「淋しいし、誰かに寄り添いたい」

印刷

   俳優の市原隼人は「孤独なんだ」と2008年11月27日のブログで明かしている。

「本当に、本当に…本当の事、言うと、、
役者、市原隼人って、
…孤独なんだ」

   同情はいらないが、自分の事を知って欲しいと思ったから、書いているという。また、「こんな事、僕の立場からしたら絶対にいっちゃいけない」「見てくれてる人の為に今、この世界に立ってる」と自覚しつつも、今は「淋しいし、誰かに寄り添いたい」と本音を明かす。

「見てくれている方に少しでも喜んで頂けたら、嬉しいんだ。
だから、僕の事を見てくれてる方は、一緒にいろんな事、頑張ろうね」

と呼びかけると、コメント欄には、ファンから「一緒に成長してぃこ~」「一緒に頑張りましょうね」などと書き込まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中