初の連ドラにDAIGO 「ガチで最高の役づくりしてくるぜ」

印刷

   竹下登元首相の孫でミュージシャンのDAIGOは、2009年1月から放送されるTBS系ドラマ「ラブシャッフル」のクランクインを迎えたと、08年11月27日のブログで報告している。

   「今日はめっちゃ緊張してます~」「本当にドキドキ」「緊張が半端ない」と、極度の緊張状態にあるようだ。一方で、「台本はガッツリ覚えたからガチで最高の役づくりしてくるぜ」といい、初めての連ドラ出演に熱が入っている様子をみせた。

   TBSのホームページによると、玉木宏演じる主人公を中心に男女8人、4組のカップルがそれぞれ自分の恋人との関係を見つめ直すために、4組の間で「恋人交換=ラブシャッフル」するという恋愛ドラマ。DAIGOは香里奈が演じるフリーの通訳・逢沢愛瑠の恋人・大石諭吉役を演じる。好きになった相手一人だけを一途に信じ、ストーカーと紙一重な行為を起こしかねないという難しい役どころだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中