飯田圭織の長男死亡 連絡受けた矢口真里は・・・

印刷

   元モーニング娘。の飯田圭織の長男が、慢性腎不全のため生後6か月でなくなっていたことが2008年11月28日にわかった。そんな中、「モーニング娘。」のプロデューサーのつんく♂、元メンバーの矢口真里がブログで、追悼をつづっている。

   プロデューサーのつんく♂は11月29日のブログで、夫婦からはその都度、様子の報告を受けていたことを明かした。飯田の夫で元セブンハウスのボーカル・ケンジが仕事に励み、かつ、妻を支え、明るくふるまっている様子には心打たれたという。

「本人も申しておりますとおり、ファンの皆様へまた素敵な音楽を届ける事が、
長男も一番喜んでくれるんじゃないかと僕も思います」

   また、矢口真里も同日更新したブログで、「報告をうけすごくショックをうけました」と肩を落とす。

「かおりが苦しんでいたことに気づいてあげられませんでした。
これから芸能界復帰をするとゆうことなので、私も力になれればいいなと思っています」

   なお、飯田は09年から芸能活動を再開する。「明るく前向きに生きていくことが息子にとって一番の供養」として一歩を踏み出すという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中